So-net無料ブログ作成
検索選択

オックスフォード [旅行]

エジンバラでの学会&会議の後は,オックスフォードに移動しました.
オックスフォード大学にいる友人を訪ねて共同研究の打合せをして,ほかには競争関係にあるラボを訪ねて情報交換するのが目的です.

まずは,電車でエジンバラからロンドン経由でオックスフォードまで移動.
イギリスは電車システムはあまり進歩していないので,電車は遅くて,チケットは高い.
でもまあ飛行機よりは移動時間を有効に使えるので電車移動にしました.

P7180671.jpg

オックスフォード大学は,ご存じの方も多いと思いますが,カレッジシステムという特殊な構造を持っています.まあ僕も完全には理解してませんが,友人もよく分かってないとのこと(オックスフォード大の出身じゃないので).

まあ簡単にいうと,オックスフォード大学は独立した40個程度のカレッジの集合体で,普段の教育は主にカレッジで担当して,専門教育はそれぞれのカレッジからの支出で賄われるオックスフォード大学管轄の大学院組織で行っているようです(間違ってたら済みません).
ですので,理学系の研究機関はカレッジではなくオックスフォード大の直属です.

そして,重要ですが,学生が進学できる研究機関は所属カレッジによって制限があります.
つまり地球科学に来られるカレッジは全体のウチで6個しか無いとのこと.これはカレッジがどういった専門に支出しているかによって決まるようです.

さて,僕が行く地球科学の建物ですが,去年出来たばかりなのでオックスフォード大学だけど新築です.写真に写っているのが友人.

P7180707.jpg

カフェテリアもかなり立派です.
ここでは午前のコーヒータイムと午後のティータイムに教官・学生があつまります.

P7180718.jpg

建物見学の後は,しっかり共同研究の話と,競争ラボに挨拶.
向こうの博士課程の学生が僕の研究室に興味があるということで,少しスカウティング.

残り時間はまあ折角なので,観光にも出かけました.
まずは有名なOxford University Press.

P7180785.jpg

次はオックスフォードで一番古いパブ.

P7180782.jpg

ここの壁にはちょん切られたネクタイが壁一面に飾ってあります.
これは大学(カレッジ)対抗のスポーツイベントがあるたびに選手がこのパブに訪れた際に残していったものらしいです.
まあ実際は,ビールを飲んで寝ちゃったりすると,ネクタイをちょん切られるらしい..

P7180778.jpg

折角なので,ちゃんとしたカレッジにも行ってみました.
カレッジにとっては,観光も結構な資金源なので入場料があります.
(が,友人が大学関係者なので,僕もタダで入れました)

P7180791.jpg

カレッジの中は,外の喧噪とは別世界.
さすが1000年近い歴史を持つ大学の雰囲気がタップリと出ています.
こんな所で先生をやるのはちょっと大変だろうなあ..まあ呼ばれないけど.

P7180801.jpg

さらに夕食はハリーポッターばりの食堂に全員集まって取るとのことです.
席順はちゃんとヒエラルキーによって決まっていて,奥の方は重鎮が座る様です.
両側の壁には,このカレッジに多大な寄付をしてきたフランス貴族の肖像画.

P7180806.jpg

最後は友人宅で夕食.
お土産の浴衣を友人の息子のサム君にプレゼント.よく似合ってますね.
でもイギリスにはちょっと薄着過ぎたかな.

P7180673.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エジンバラ [旅行]

学会参加のため,イギリスのエジンバラに来ています.
スコットランドの首都で歴史のある街で,お城など見所が沢山あります.
が,学会会場が市内から離れているのでまだ行けてません.
時間を見つけて行きたいけど,難しいかも..

今回は初めて羽田発のヨーロッパ便を使って出張に来ています.
夜12時過ぎに羽田を出発して翌朝パリ着.その後,下のプライベトジェットみたいな小さな飛行機でエジンバラに飛びました.疲れはありますが,時差ぼけはほぼ無し.
やっぱりヨーロッパ出張は絶対に夜発便が良いことを確認.

P7100433.jpg

そして,空港からはイギリスらしいタクシーで移動です.
後部座席は前後で向き合って座る不思議な構造.
イギリスはタクシーでぼったくられる恐れがないので安心して乗れます.
(以前スペインに出張した時は散々な目に遭いました)
P7100441.jpg

あと,やっぱりイギリスと言えばバス.まだ乗ってませんが時間があれば乗りたいですね.

P7110458.jpg

宿舎と会場はエジンバラ大学の寮です.
ここで土曜日まで缶詰で学会+幾つかのミーティングがあります.
僕の発表は木曜日に2件.頑張るぞ!

P7100443.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

宮古島トライアスロン [旅行]

宮古島に行ってきました.
相変わらずバタバタしていてブログの模様替えも出来ていませんが,せっかく遙々出かけてきましたので報告しておきたいと思います.

宮古島まで行ってきた理由は,4月24日に宮古島トライアスロンが開催されたからです.
と言っても,僕がトライアスロンに出場した訳ではなく,弟の応援でした.
僕の弟は,チームゴーヤというトライアスロンクラブに所属してトライアスロンを専業としている所謂プロ登録選手です.

さて,この大会の正式名称は第27回全日本トライアスロン宮古島大会です.
オリンピック種目のトライアスロンより遙かに長い距離(スイム 3 km, バイク 155 km,ラン 42.195 km)をこなす,ロングのトライアスロンです.
あまりの距離の長さで,ちょっと想像がつきませんね.

さて,さっそくスタート直前の弟をパチリ.

SUG_0944.jpg

宮古島の東急ホテルの前の砂浜がスイムスタート地点です.
スタートの号令が鳴って,選手が次々と美しい宮古島の砂浜から,青い珊瑚礁の海に飛び込んでいきます.

MIyako-3.jpg

スイムが終わると,トップ選手から次々とバイクに移っていきます.
弟も過去最高の10番台でスイムからあがってきました.次は155 kmのバイクです.
宮古島を一周半もしますが,当日は風が無くて絶好のバイクコンディションでした.
それにしてもトライアスロンのバイクは凄くて,カーボンフレームにエアロホイールは当然で,最近は電動ギアなんてのもあるらしいです.

Miyako-1.jpg

さて,最後の種目ラン42.195 kmです.ここまでスイムとバイクをこなしてきた訳ですが,トップ選手はさらにフルマラソンを3時間を切るタイムで走らないといけない様です.
う〜ん信じられない.

Miyako-2.jpg

さて,長丁場の大会も大詰め.最終ゴールの陸上競技場に選手が帰ってきます.
さすがに疲労が滲み出ていますが,それでもランのスピードは落ちていません.

SUG_1246.jpg

さて,結局弟の最終順位は6位でした.
本人は不本意の様でしたが,凄いですね.感動しました.

SUG_1471.jpg

NZ南島旅行記2(世界一急な坂) [旅行]

南島旅行記の第二弾は,世界一急な坂の紹介です.

場所は南島のダニーデンという街.
スコットランド移民によって作られた街なので,今でも町並みはスコットランド風.
ダニーデンは,ニュージーランド最古の大学であるオタゴ大学でも有名.
基本的には,医学がメインの大学だけれども海洋学の研究でも世界有数の大学です.

SUG_7977.jpg

さて,世界一急な坂ですが,道の入り口に既に案内が書いてあります.

SUG_7979.jpg

坂の断面図まであり,平均斜度や最大斜度が記載されていて,世界で最も急な坂であることが解説してあります.

SUG_79921.jpg

下から見上げるとそれほど大した事はないかなと思っていましたが,登り始めると確かに凄い急坂です.
あまりの急坂のため,家もこんな感じになっています.
For saleになっていますが,売れるんでしょうか?
他にも,二階部分から出入りできる家なんかもありました.でも景色は良さそうです.
車が登ってきましたが,坂の遙か手前からアクセル全開でようやく上まで辿り着くという様子でした.

SUG_7996.jpg

坂の上からみるとこんな感じ.
娘は「おちちゃうよー」と言って喜んでました.
著名な観光地ではありませんが,一見の価値はあります.
ダニーデンに立ち寄った際には是非どうぞ.
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NZ南島旅行記1(モエラキ・ボールダー) [旅行]

SUG_7790.jpg

NZ名物の恐竜の卵が海岸に落ちていました.
というのはウソで,モエラキ・ボールダーと呼ばれる石です.
場所はクライストチャーチから200 kmほど南に下ったオアマルという街近くの海岸です.

それにしても惚れ惚れするほど見事な球形です.

SUG_7793.jpg

海岸を歩いて行くと,こんなに揃って並んでる奴らもあります.

SUG_7784.jpg

また,崖を見ると,まさに今地層の中から生まれてきた様なヤツも.
とても不思議な感じです.

さて,この石の正体ですが,これらは石灰岩ノジュールと呼ばれる岩石です.
周りは基本的には泥からなる地層ですが,生物の遺骸など核となるもの周りに炭酸カルシウムが濃集して固まったものと考えられます.
そして,石灰岩ノジュールは周りの地層よりも侵食につよいため,この様に海岸にコロコロと残されている訳です.

SUG_7798.jpg

ちなみに,中身はというとこんな感じです.
塊全体が石灰岩という訳でないく,核となったものから泥岩中に炭酸カルシウムが網目状(蜂の巣状?)に染みこんでいった様子が見て取れます.
以上の観察から,この過程は地層の圧密前,つまり海底下での初期続成で進んだと考えられ,炭酸カルシウムは核となったものから供給されたのかもしれません.

(正確には,核になった生物遺骸を中心に起きた硫酸還元バクテリアの活動によって有機物が分解され,そこから供給された炭酸水素イオンが海水中のカルシウムとくっついて炭酸カルシウムが析出したのでしょうか.炭素の同位体比を調べれば,起源が生物起源の有機物かを確かめることができるでしょう)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

キャンベラ到着 [旅行]

オーストラリア国立大学で共同研究を進めるため,家族揃ってキャンベラへ向かう.
当地には3週間ほど滞在の予定だ.

残念ながらクライストチャーチ - キャンベラ間に直行便が無いため,まずはシドニーへ.
朝7時発のフライトで,飛行時間は3時間.
娘(2才)も飽きない程度の長さで,フライトを楽しんだ模様.

無事に入国審査を済ませ,シドニー空港からセントラル駅までタクシーで移動(33$).
荷物も多いし,大人二人分のバス・電車賃とそれほど変わらず,良い選択だった.
でも,タクシー運転手のインド人が道に不慣れな上に,運転もかなり下手で怖い.

シドニーセントラル駅到着.なかなか立派な駅舎で雰囲気がある.

SUG_7166.jpg

実は,キャンベラへはトランジットフライトで向かった方が楽なのだが,列車の方がかなり安く,なにより娘が電車に乗りたがっていたので,鉄道を利用することにした.
シドニー - キャンベラ間は,Countrylinkという鉄道会社を利用する.

タクシー運転手に「セントラル駅の何処だ?」と聞かれたので(what about central?),
長距離列車だと言ったら,「それはCountrylinkだ.Countrylinkと言え」と言われた.
そんな会社の名前まで把握してないよなあ.

SUG_7167.jpg

娘は始めての長距離電車に大興奮.
東京で乗ったのも地下鉄が多かったし,そもそも覚えていないか.

SUG_7168.jpg

けれども,車窓からの景色はまあ単調だった.予想以上に.
シドニー郊外は,強い日差しで色の褪せた住宅地が続き(巨大なモスクがあった),その後は色の褪せた丘陵が続く.
ニュージーランドと近いけれど全く違う自然環境であることを再認識.

と言うわけで,娘は早々に寝てしまい,僕はかなり揺れる車内で仕事.
奥さんはボーとするのが特技なので,ボーとしている(僕はボーとすることが出来ない).

列車は途中何度もトラブルで停車をしたももの,数十分の遅れで無事にキャンベラ到着.
所要時間は4時間半.まあ安いので(48$)悪くないけれど,帰りは飛行機も検討しよう.

キャンベラ駅の写真がないけれど,間違いなく先進国の首都で最も小さくて(しょぼい)駅だろう.長野の実家の最寄り駅(超ローカル線飯田線の伊那大島駅)と良い勝負だ.
大体,宿泊先の大学宿舎までタクシー移動を予定していたのだけれど,タクシーがいない.
一応,タクシー待ちコーナーに並んで待っていると,時々一台ずつやってくる.
結局,20分ほど待ってタクシーに乗ることが出来た.

電車とタクシーの遅れによって,大学宿舎の受付時間(5時まで)に間に合わなかった.
(実際は,4時58分に着いたけれど,既に閉まっていた).
が,何とか時間外受付を発見し,無事に宿舎に入ることが出来た.一安心.

と言うわけで,何とか家族揃っての大移動も無事に終了した.
明日から無事に大学で仕事を始められそうだ.

SANY0092.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マウント・クック国立公園とテカポ湖 後半 [旅行]

マウント・クック旅行二日目,
天気予報がはずれ,思いっきりの晴天だったので意気揚々とマウント・クック国立公園へ向かった.目指すマウント・クック村はテカポ湖からは100 km以上離れているので,しっかり給油をしていく.

SUG_5299.jpg

まずは,約50 km離れたお隣のプカキ湖(lake Pukaki)へ.
プカキ湖もテカポ湖と同様に,氷河期に前進した山岳氷河が残したモレーンによって作られた湖だ.その湖水は,より多くの氷河期源の水を含むためか,テカポ湖と比べてもさらに濃い淡青色で美しい.

ここから先は,国道8号を離れ,湖畔を走る道を通ってマウント・クック村を目指す.
プカキ湖を過ぎると,山岳氷河の後退時に残したアウトウォッシュ堆積物に埋められた幅広い谷が続く.写真奥の高まり(黄色矢印)はラテラルモレーンで,最終氷期にはこの広い谷を氷河が埋めていたことが分かる.

SUG_5345.jpg

目前にマウント・クックが見えてきた.
やはり,氷河によって削られた広い谷底が堆積物の埋積で平坦になっているのが分かる.
ちなみにマウント・クックは,現在ニュージーランドではアオラキと呼ばれることが多い.
アオラキはマオリ語で「雲を突き抜ける山」の意味.

SUG_5351.jpg

マウント・クック村に近づくと,幸運にも雲が晴れ,マウント・クックの山頂が見えた.

SUG_5367.jpg

マウント・クック村に到着.
こぢんまりとしているが,落ち着いた雰囲気で気持ちの良い所だ.
ビジターセンターも充実していて,楽しめる(ただ,働いている日本人のお姉さんはちょっと怖かった).季節外れ(晩冬)ということもあって観光客はまばら.その分,ゆったりと過ごせて良かった.ハイシーズンには相当な人数の観光客が押し寄せるのだろう.
下の写真は,高級ホテルのHermitage Hotel.

SUG_5379.jpg

マウント・クック国立公園でするべきアクティビティーと言えば,もちろんトレッキングなのだけれど,今回は,奥さんのお母さんもいることだし,特に準備はしてこなかった.
ただ,折角来たので,短いコースだけでも歩こうということで,Mueller湖とMueller氷河の先端をみる30分ほどのコースを歩いてきた.コースは凄くキレイに整備されていて,お年寄りが歩く分にも全く問題はない.残念ながら氷河が湖に落ち込む光景は見られなかったけれど,充分に楽しめた.

帰路では,「世界で一番高所にある」と銘打った鮭の養殖場を訪ねた.
プカキ湖はテカポ湖よりやや標高が低いので.テカポ湖で一度発電に使った水を運河でプカキ湖へ運ぶことで,再度発電に利用しているようだ.そして,この運河を利用して鮭の養殖場が作られている.
標高が高いことに意味があるのかは分からないけれど,かなりの速度で流れ続ける淡水の中で養殖した鮭は,臭みが無く上に身が締まっていて美味しいと評判だ.お土産に切り身とスモークサーモンを購入した.

SUG_5489.jpg

三日目は荷物をまとめて一路クライストチャーチへ.
帰り道,牛の行列に道を阻まれた.さすがNZ.誰も驚かず車を停めて通り過ぎるのを待つ.僕は折角なので写真を撮らせてもらった.

SUG_5564.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マウント・クック国立公園とテカポ湖 前半 [旅行]

先週,奥さんのお母さんと従姉妹が遙々ニュージーランドまで訪ねて来てくれていた.
折角の機会だし,僕らもこちらに来てから遠出の観光はしていないので,休暇をとって2泊3日のマウント・クック旅行へ出かけることにした.

マウント・クック国立公園は,NZサザンアルプスのほぼ中央にある世界的にも有名な観光スポットだ.サザンアルプス最高峰のマウント・クック山(Mt. Cook)は,標高3754 mでほぼ富士山と同じ高さ.テカポ湖は,マウント・クック国立公園の手前にある淡青色の湖水が美しいことで有名な湖.
クライストチャーチからマウント・クック国立公園は450 kmほども離れているし,途中は山間部を走る必要もある.小さな子連れだし,1日で辿り着くのは大変だと思い,2泊ともやや近いテカポ湖畔に宿を取った.
クライストチャーチからテカポ湖までは約300 kmで,休憩を入れて4時間の行程.

テカポ湖へは,クライストチャーチから国道一号を南へ下るのが最短だが,平坦な直線道路が続くだけなので,少し遠回りながらアルプス沿いを走る風光明媚な方のルート(scenic route)を選んだ.
牧草地が広がり,羊や牛,稀に鹿を放牧している光景が見られる(下).

SUG_5552.jpg

出産シーズンなのか,小さな子羊を伴ってる羊が多い.
下の写真は,まさに生まれたての子羊が必死に立ち上がろうとしていて,お母さん羊が見守っているところ.もう一頭の子羊はまだ立てない..頑張れ.

SUG_5210.jpg

途中,手作りジャムが有名なGeraldineという町によってお土産を購入.
そして,昼食と給油を済ませてから山間部を1時間ほど走るとテカポ湖に到着した.
テカポ湖には氷河起源の水が流れ込んでいるため,湖水の色が淡い青色で美しい.
湖を囲む2000 mを超す山々には,たっぷり雪が被っている.

ところで,マウント・クックほどではないかもしれないけれど,テカポ湖畔もかなり有名な観光地でホテルの値段はそれなりに高い.
そこで,今回は英会話の先生お勧めのキャンプ場併設のコテージを借りた.2ベッドルームに,広いリビングとキッチンにバス・トイレが付いて,2泊で380ドル(約23,000円).
作りはやや古いけれど,景色も良くて申し分ない.

コテージ到着後,少し休憩を取ってからMt. Johnに登った.
Mt.Johnは,テカポ湖の西側の標高1000mほどの山と言うより丘.
ここからは360˚の展望が見られ,晴天率も高いことからカンタベリー大学の天文台もある.
天候がいまいちだったので,抜群の景色とは言えなかったけれど,氷河によって削られた起伏の少ない地形やモレーンなどを見ることが出来た.
下の写真,右側がテカポ湖で左はAlexamdrina湖.
湖水の起源の違いがハッキリと湖面の色に反映されていて面白い.

SUG_5269.jpg

翌朝,心配していた天気はご覧の通り抜群だったので(下),予定通りマウント・クック国立公園を目指すことにした.それにしても本当にニュージーランドの天気予報は当たらない.

SUG_5544.jpg

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北島へ [旅行]

ウェリントンにGeological Nuclear Science (GNS)という研究所がある.
このGNSの研究者と留学中の研究の一部を共同で進める予定にしており,一度打合せに行く必要があった.
クライストチャーチ - ウェリントン間は飛行機での移動が一般的だけれど,現地で移動手段が無いと不便なので,ちょっと大変だが車で行くことにした.

クライストチャーチからウェリントンへ向かうには,まず南島の北端にあるピクトンという町まで行き,そこからフェリーに乗らなければならない.
クライストチャーチからピクトンまでは400 kmほどのドライブだ.

出発の朝,フェリーの出航時刻に合わせるため,夜明け前の5時頃にはクライストチャーチを離れた.走り始めてから1時間ほどで東の空が薄明るくなってきた.天気は期待した通り快晴になりそうだ.カンタベリー平原を抜けた国道1号は,丘陵地帯に入り,道は少しだけ険しくなっていく.日の出とともに視界が開けたので車を停め,写真を撮った.

SUG_4678.jpg

クライストチャーチを出発してから約3時間,カイコウラというホウェールウオッチングで有名な町に着いた.
ここまでほぼ休まず走ったのでここで1時間ほど休憩を取る.
まだ朝8時なので人影はまばら.海上には朝靄が漂い美しい.
持参した朝食を食べ,海岸を少し散歩した.
今回は時間がないけれど,次はゆっくり来てみたい.

SUG_4685.jpg

SUG_4704.jpg

カイコウラから先,国道1号はしばらく海岸沿いを走っていく.
右手には無人の砂浜が続き,左手には崖が迫っている.津波が来たら完全に逃げられない地形だ.
時々通過する集落の前には,スクールバスを待つ子供達と親が集まっていた.
町からは随分離れている.一体,何処まで通っているんだろう?

11時頃,出発から約6時間でピクトンに着いた.
フェリーの時間には充分余裕があったので,町を少し散策した.
ピクトンは予想より小さな町だった.
ただ,港にはクルージング会社が並び,個人用ヨットが多数停泊している.
町の不動産屋には,ビックリするような価格の別荘の広告が幾つも掲示してある.
ウェリントンとフェリーで結ばれていることもあり,どうやらお金持ち向けのリゾート基地のようだ.

SUG_4705.jpg

ピクトンとウェリントンを結ぶフェリーは,BluebridgeとInterislanderの二つある.
乗船価格(165ドル;車込み)は同じだし,ウェブでみる限り特に両者に違いはなさそうだ.今回は出航時間の都合からBluebrigeを使うことにした.予約は簡単で,ネットで日程と車のサイズを入力するだけだ.あとは予約番号を持って乗船場へ向かう.

無事にフェリーに乗り,車を所定の位置に停めてから客室デッキへ上がる.
落ち着き場所を探してうろうろしたが,船内に広いスペースは無く,数人がけの座席が並んでいるのみ.窓際に座っても,障害物があってあまり景色が良くない.しかも,もの凄い大音量でアニメ映画を上映していて,ゆっくり本を読むのも辛い.
仕方無いので,ちょっと寒いのを我慢して,屋上デッキで過ごすことにした.

デッキでは,やはり船室から追い出されてきたニュージーランド人と話をした.
彼は医師で,長期休暇には日本でスノーボードをしたりして過ごしているらしい.
日本人女性と結婚の予定らしく,なぜか僕らは日本の年金制度などについて話しながらウェリントンまで過ごしたが,最後には体が芯まで冷えてしまった.

下の写真は,クック海峡に出る直前に対岸を撮ったもの.
緑豊かな風景だが,驚いたことに植生のほとんどは外来種らしい.医師の彼が言うには,ニュージーランドでは国立公園を除くと自然の改変は著しく,全体的に見ると日本の方が森が豊かだと感じるそうだ.

SUG_4710.jpg

夕闇の中,フェリーはスムーズにウェリントン港に到着した.
GNSはウェリントンから少し離れたLower huttという町にある.
医師の彼に別れを告げて船を降りる.
フェリー降り場からの少し道を間違えたけれど,30分ほどで無事にホテルに到着した.
クライストチャーチからウェリントンまで,約13時間の旅だった.

*******
ちなみにウェリントンからの帰りはInterislandarを使った.
結論からいうと,Interislandarの方が,Bluebridgeに比べて速いうえに,圧倒的にキレイで快適だった.客室デッキからの景色も抜群だ.
う〜ん,Bluebridgeのニーズはどこにあるんだろう?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。