So-net無料ブログ作成
検索選択

いまさら調査地の紹介 [南極]

出発直前になって慌てて僕らの南極調査を紹介していますが,
まだ調査地が南極の何処にあるのか,行き先をご説明していませんでした.
と言うわけで,今日はまず僕らの調査地が何処にあるのか?のお話.

早速ですが,下が南極大陸を三次元的に表した図です.
南極氷床の形がわかりやすいように高さは誇張してあります.

南極三次元図.jpg

この図の下,海岸沿いにあるのが「昭和基地」です.
そして,南極氷床のほぼ頂上と言っていい高所にあるのが「ドームふじ基地」です.
標高は約3800 m,富士山より高い所にある基地で「南極料理人」の舞台になりました.

そして,昭和基地の右上,現在は閉鎖中の「あすか基地」の近くにあるのが,
僕らの調査地であるセール・ロンダーネ山地です.
この図では山は見えませんが,ここには南極氷床を突き抜けた山地があり,
夏には雪も溶けて南極大陸では珍しく岩が露出する「露岩域」になっています.
そう,こんな感じの景色です.

SUG_1569.jpg

ついでに下の図は,僕らの調査地を含む東南極ドローニング・モード・ランド(Dronning Maud Land)という地域を結ぶフライト経路をまとめたものです.
これは日本を含む十数カ国で運行する国際的な航空機ネットワークでして,ロシア基地のノボラザレフスカヤ基地を起点として,チャーター機で各地に飛び,調査・観測ができるシステムが作られています.
第一次南極観測隊が南極に向かった頃を考えると,凄い進歩ですね.

dromlan-flight-map-2005.jpg
http://www.alci.info/
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 2

NO NAME

真っ白な雪原から突き出た黒い山肌に、ものすごく力強さを感じます。

我が家の正面にそびえる陣馬形山から眺める伊那谷も、正面に中央アルプスが屏風のように連なり、どこか共通したものを感じてしまいました。

と言っても、やっぱり南極のスケール感は、山猿の想像を超える物なんでしょうね~


追伸
蜂の子は苦手でしたか~
アカバチの蜂の子は、大きさも格別…(^皿^)
美味しいデスよ~
by NO NAME (2011-11-01 13:00) 

paleomagician

やっぱり氷河がつくる地形はダイナミックですね.
スイスでもご覧になったかもしれませんが,見上げる山の角度が凄いですよね.
一方,伊那谷には「緑」があるので,その点は暖かみがありますね.南極には草一本生えていないので,そういう意味では究極的に「殺風景」です(笑).


by paleomagician (2011-11-05 13:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。