So-net無料ブログ作成
検索選択

ウェリントンの地震と査読結果待ち [研究]

昨晩,また地震がありました.
こんどはウェリントンの北東40 km, 深さ30 km,マグニチュードは4.7でした.
一昨日と同じくかなり震源が近いなという感じの地震でした.
先日も書きましたが,ウェリントンでもし大規模な地震が起きたら,職場と家が分断される可能性が高いので,奥さんと子供を家に置いている身としては不安です.


さて話は変わりますが,現在投稿中の論文のWeb上ステータスが,
3週間近く前から"Required Reviews Completed"になっています.

つまり,査読者コメントは全部帰ってきているけど,エディターの所で留まってる様です.
いつエディターから返事が来てもおかしくないので,朝一のメールチェックの際にイチイチ緊張してしまいます.
もう結果は出ている訳で,早く結果を返してくんないかなって思います.

けれど,エディターも大変です.
今はWeb投稿が一般的ですし,Letter雑誌だとこの様にステータスが詳しく分かってしまうので,1週間も作業が滞っていればすぐに分かってしまいます.
ウカウカ休暇も取れませんし,長期の調査旅行にも行きづらいですよね.


一方,先日僕が査読した論文にはエディターからリジェクトしたよと連絡がありました.
僕は,「色々問題はあるけれど修正次第では良くなるだろうからMajor revision」と返事をしたんですが,もう一人の査読者はかなり短めのコメントで,「内容も良いし,プレゼンテーションも良いから出版するべきでしょう」って感じのコメントを返した様です.
正直言って,この論文の図,文章,そして引用スタイルもかなりメチャメチャだったので,プレゼンテーションが良いって事は無いと思いますが,ホントにちゃんと読んでる?

結局,エディターはリジェクトという結論をだした訳で,少なくとも僕のコメントがある程度的確だったんだろうと一安心ですけど,査読者の質についても考えされれる一件でした.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。